SSブログ

共有メモリー(C++とVB.Net)間の共有方法 [VB]

アプリケーションの動作速度を早くするため、処理に時間のかかる部分をC++、そしてGUI作成が比較的容易で出来上がりがきれいなVB.NETを利用して設計した。

C++部分の動作ステータスを確認するため共有メモリを導入したのでそのコードを記録する。

C++部

PfaSharedMem.h

image

PfaSharedMem.cpp

image

VB.NET部

関数定義部

image

共有メモリ作成部

image

共有メモリ読込み部

image

共有メモリ破棄部

image

以上


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。